< 2010年06>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
最近のコメント
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ

高松行政書士事務所は小さな会社の応援団です。

会社設立手続き、事業計画書の作成、許認可手続き等
起業に掛かるお手伝いをさせていただいています。

また、「経済産業省後援 ドリームゲートアドバイザー」として
起業相談も行っています^^



気楽にご相談下さい(^○^)/    



ツイッターもやってます。気軽にフォローしてください(^^)/
URLはこちら → http://twitter.com/takajimu

2010年06月18日

ギャンブルは嫌われます@創業融資

前回、事業計画書は融資を受けるためにも必要旨書きました。


では、どのような計画書が融資を受けやすかとでせうか?


もし、あなたが金融機関の担当者だったらと少し考えてみて下さい。





どのような答えが出ましたか?

“元本や利子をきちんと支払ってくれるか否か”
という答えが思い浮かんだとでは?!


そうなんです。

金融機関はできるだけ確実なものを欲しがるとです。


あなたが作成した事業計画書は
当たればでかい“ギャンブル”的なものになっていませんか?


起業はある意味ギャンブルかも知れません。

しかし、もし、融資を受けたいのであれば

6W2Hを基本に

事業の魅力、
自分の強み、
しっかりとしたデータ、
リスク対策 など

をしっかりと盛り込み、

融資担当者からOKがでるような
事業計画書を作成してくださいませませ!




読んでいただきありがとうございます。
少しでも役に立ったと思っていただければ、クリックお願いします。
↓                  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   人気ブログランキングへ


**********************************************
【暮らしの困りごと 行政書士に聞いてみよう!】

高松行政書士事務所ホームページ

日常ブログはこちら → 【行政書士の落書き Season2】

フォロー・ミー → Twitterもやってます
**********************************************  


Posted by 高松行政書士事務所 at 16:01会社設立手続き